WEB予約はこちら
東京都新宿区西新宿4丁目14−3 ライフコーポ土屋 2F

顎矯正・歯列矯正|西新宿五丁目駅・都庁前の歯医者 - 新宿セントラルパーク歯科

MENU

顎矯正・歯列矯正とは

Orthodontic顎矯正・歯列矯正について

顎矯正

顎矯正

顎矯正は、歯ぎしりなどで歯が極度に磨耗して高さが低くなってしまった方や、欠損した歯を放置して片側で噛んでいたため、片方の歯が極度に磨耗し、顎が歪んでしまった方、何らかの習癖で、奥歯の高さが十分な高さに満たないままになってしまった方など、歯並びを改善する矯正治療ではカバーすることが難しい顎のポジションを整える治療です。

対象

主に成人以降の方を対象とした治療です。

どんな自覚症状がある人が必要な治療か

  • ケアをしっかりしているのに、歯周病が改善しない
  • 顎の調子が悪い
  • 片方でしかうまく噛めない
  • 最近舌の側面が歯にぶつかって擦れるようになってきた
  • 顔の左右のバランスが崩れてきた
  • 前歯を並べるスペースがなく、矯正治療は難しいと言われた。
  • これから詰め物や被せ物をセラミックなどに交換していきたいが、その前に、歯並びや噛み合わせを仮の状態でリセットし整え、少しずつ交換していきたい
  • 法令線が気になってきた
  • 最近上の歯の、歯と歯の間の隙間が広がってきた
  • 滑舌が悪く舌がもつれるような感じがし始めた

メリット

  • 今まで矯正治療のみでは、改善が難しかった方でも、矯正治療ができる状態に導くことができる
  • 奥歯の高さが挙上できるので、口の中が広くなり、舌が動けるスペースを確保できる
  • 慢性的な首や肩のコリ、頭痛などが改善される方が多い
  • 全ての歯にかかる力のバランスを均一に調整することで、歯茎の状態が安定する
  • 顎のラインが引き締まり、法令線が目立たなくなる
  • 顎関節症がたまに発症する方は、症状が出にくくなる
  • 下顎は全身の姿勢維持をする上で、水平基準計のような働きをしているため、顎のポジションを整えると全身の姿勢が整うことが多い
  • 歯の高さを一度バランス良く整えることで、下顎が滑らかに動ける環境ができ、歯軋りが緩和される場合がある

デメリット

  • 新しい顎の位置に慣れるまで、肩コリや、頭痛など、一時的に出ることがある
  • 歯の高さの調整は形を自由に変えることができるプラスチックの詰め物を使って行なっていくが、噛む力が強い人はプラスチックの詰め物では耐久性が持たないことがあり、その場合新しい丈夫な詰め物を作る必要がある

治療の方法

  • 高さが低くなってしまった奥歯に、接着でプラスチックの詰め物をつけていき、顎の位置と噛み合わせを理想的な位置に導く
  • 奥歯が倒れていて噛む力が逃げてしまう場合や、顎矯正で奥歯の高さを高くしたために出現した上下の前歯のスペースを利用して、前歯の歯並びも綺麗に整えたい場合は、奥歯の仮のプラスチックをつけた状態でマウスピースを作成することで、矯正治療を同時進行で行い、歯並びも治すことができる

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。
歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善すること、前歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや奥歯で食べ物を噛み砕くこと、全身とかみ合わせのバランスを調整すること、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせています。さらに、成長期のお子さまには、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。

子どもの矯正(小児矯正)

子どもの矯正(小児矯正)は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。

第1期治療
乳歯と永久歯が混じった時期の治療で、主に成長を利用した治療を行ないます。(6~10歳)
第2期治療
歯の一本一本に力をかけ、歯の根までコントロールして最終的な咬み合わせを作ります。

大人の矯正(成人矯正)

永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。近年、治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者様のライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。

不正咬合の種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が前面に傾斜して生えている状態です。または下の歯全体が後ろに位置することでも出っ歯に見えます。この状態だと前歯でくちびるを切ってしまったり、顔を強打したときに歯が折れやすくなります。

下顎前突(がかくぜんとつ)
下顎前突(がかくぜんとつ)

出っ歯とは逆に、上の歯より下の歯が前面に出ている状態です。上の顎が小さい、もしくは下の顎が大きいことで起こります。うまく食べ物が噛めなかったり、滑舌が悪くなる歯並びです。

開咬(かいこう)
開咬(かいこう)

噛んでいても前歯がかみ合っていない状態のことです。発音が悪くなったり、前歯でものを噛み切ることが難しくなります。舌の癖や指をしゃぶる癖が原因で起こることがあります。

叢生(そうせい)
叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態のことをいいます。この状態は歯磨きのときにブラシがしっかりと届きにくく歯垢が残りやすいため、虫歯や歯槽膿漏の原因になります。

過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯を覆ってしまうほど深く噛んでいる状態をいいます。下の歯が上の歯茎を刺激することで口内炎ができたり、前歯が乾くことで虫歯の原因にもなります。

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)
上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上顎・下顎ともに前に突き出ていいる状態をいいます。

交叉咬合(こうさこうごう)
交叉咬合(こうさこうごう)

上下の噛み合わせが横にずれている状態をいいます。左右の顎に成長の差が出ることにより顔が歪んでしまう場合があります。

空隙歯列(くうげきしれつ)
空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間ができている状態です。これは顎の骨の大きさに対して歯が小さく生えてしまうことが原因です。隙間があると食べ物が詰まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になります。また隙間から息漏れが生じるのでサ行・タ行・ラ行の発音が悪くなります。

矯正装置の種類

マウスピース

当院では現在従来からのワイヤー矯正に加えて、3種類のマウスピース矯正システムインビザライン」、「SCライン」、「マウスピースローコスト」を導入しております。

マウスピース矯正の仕組みは、新しい歯のポジションを想定したマウスピースを、1日20時間装置しておくことで、マウスピースに設定された位置に歯が動いていき、一週間から一ヵ月ごとに、どんどん新しいマウスピースに交換していく事で、歯並びを整えていく、というものです。

いずれのシステムも、マウスピースの見た目はさほど変わりなく、透明なフィルム状のマウスピース矯正装置です。ブラケットやワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。

インビザラインは、世界で1,000万人の治療実績がある、アラインテクノロジーが提供するマウスピース矯正システムです。

他のマウスピース矯正システムと、大きく異なる点は、初診時に取得した歯並びのデータで、矯正完了時のマウスピースまで、一気に製作し、治療のゴールを患者様と共有しながら治療が進められる、ワイヤー矯正に匹敵するほど、複雑な歯の移動を行う事ができるなどの点にあります。

また、トータルの治療期間が、マウスピース矯正の中で非常に短い事も大きな特徴です。

しかし、「インビザライン」は、初診時のお口のデータから最終地点までのマウスピースを一気に作製するシステムの都合上、治療途中に歯の形態の変化が予想されるような方、または、噛み合わせに大きな問題のある方、顎の関節の不調がある方、などには、治療が難しい場合があります。

そんな方のために、当院では毎回患者様の歯のデータを採得し、マウスピースを院内ラボで作製する「SCライン」のお取り扱いも致しております。今まで、インビザラインでは治療が難しいと言われた事がある方も、マウスピース矯正で対応可能な場合がありますので、一度相談にいらして下さい。

上記2つのシステムは、中等度から重度の歯並びや、噛み合わせの異常のある方向けのシステムになりますが、ごくごく軽度の歯並びの異常を整えたい方向けに、「マウスピースローコスト」のお取り扱いも行っています。

「マウスピースローコスト」は、スマイルアンドトゥース社が提供する、国内のマウスピース矯正システムで、他のシステムとの主な違いは、マウスピースを単品で購入することができる点にあります。
長い期間、マウスピースを継続する自信はないけど、ほんの少し今より歯並びが綺麗になれば満足、という方などには、最適なシステムです。

マウスピースローコスト

pagetop