WEB予約はこちら
新宿中央公園のそばにある歯医者
東京都新宿区西新宿4丁目14−3 ライフコーポ土屋 2F
MENU

顎矯正・歯列矯正とは

Orthodontic

Orthodontic顎矯正・歯列矯正

顎矯正

顎矯正

顎矯正は、歯ぎしりなどで歯が極度に磨耗して高さが低くなってしまった方や、欠損した歯を放置して片側で噛んでいたため、片方の歯が極度に磨耗し、顎が歪んでしまった方、何らかの習癖で、奥歯の高さが十分な高さに満たないままになってしまった方など、歯並びを改善する矯正治療ではカバーすることが難しい顎のポジションを整える治療です。

対象

主に成人以降の方を対象とした治療です。

どんな自覚症状がある人が必要な治療か

  • ケアをしっかりしているのに、歯周病が改善しない
  • 顎の調子が悪い
  • 片方でしかうまく噛めない
  • 最近舌の側面が歯にぶつかって擦れるようになってきた
  • 顔の左右のバランスが崩れてきた
  • 前歯を並べるスペースがなく、矯正治療は難しいと言われた。
  • これから詰め物や被せ物をセラミックなどに交換していきたいが、その前に、歯並びや噛み合わせを仮の状態でリセットし整え、少しずつ交換していきたい
  • 法令線が気になってきた
  • 最近上の歯の、歯と歯の間の隙間が広がってきた
  • 滑舌が悪く舌がもつれるような感じがし始めた

メリット

  • 今まで矯正治療のみでは、改善が難しかった方でも、矯正治療ができる状態に導くことができる
  • 奥歯の高さが挙上できるので、口の中が広くなり、舌が動けるスペースを確保できる
  • 慢性的な首や肩のコリ、頭痛などが改善される方が多い
  • 全ての歯にかかる力のバランスを均一に調整することで、歯茎の状態が安定する
  • 顎のラインが引き締まり、法令線が目立たなくなる
  • 顎関節症がたまに発症する方は、症状が出にくくなる
  • 下顎は全身の姿勢維持をする上で、水平基準計のような働きをしているため、顎のポジションを整えると全身の姿勢が整うことが多い
  • 歯の高さを一度バランス良く整えることで、下顎が滑らかに動ける環境ができ、歯軋りが緩和される場合がある

デメリット

  • 新しい顎の位置に慣れるまで、肩コリや、頭痛など、一時的に出ることがある
  • 歯の高さの調整は形を自由に変えることができるプラスチックの詰め物を使って行なっていくが、噛む力が強い人はプラスチックの詰め物では耐久性が持たないことがあり、その場合新しい丈夫な詰め物を作る必要がある

治療の方法

  • 高さが低くなってしまった奥歯に、接着でプラスチックの詰め物をつけていき、顎の位置と噛み合わせを理想的な位置に導く
  • 奥歯が倒れていて噛む力が逃げてしまう場合や、顎矯正で奥歯の高さを高くしたために出現した上下の前歯のスペースを利用して、前歯の歯並びも綺麗に整えたい場合は、奥歯の仮のプラスチックをつけた状態でマウスピースを作成することで、矯正治療を同時進行で行い、歯並びも治すことができる

矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。
歯並びの美容的な改善をするだけではなく、発音障害を改善すること、前歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや奥歯で食べ物を噛み砕くこと、全身とかみ合わせのバランスを調整すること、歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果も持ち合わせています。さらに、成長期のお子さまには、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。

  

子どもの矯正(小児矯正)

子どもの矯正(小児矯正)は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。

第1期治療
乳歯と永久歯が混じった時期の治療で、主に成長を利用した治療を行ないます。(6~10歳)
第2期治療
歯の一本一本に力をかけ、歯の根までコントロールして最終的な咬み合わせを作ります。

大人の矯正(成人矯正)

永久歯に生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。近年、治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者様のライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。

不正咬合の種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が前面に傾斜して生えている状態です。または下の歯全体が後ろに位置することでも出っ歯に見えます。この状態だと前歯でくちびるを切ってしまったり、顔を強打したときに歯が折れやすくなります。

下顎前突(がかくぜんとつ)
下顎前突(がかくぜんとつ)

出っ歯とは逆に、上の歯より下の歯が前面に出ている状態です。上の顎が小さい、もしくは下の顎が大きいことで起こります。うまく食べ物が噛めなかったり、滑舌が悪くなる歯並びです。

開咬(かいこう)
開咬(かいこう)

噛んでいても前歯がかみ合っていない状態のことです。発音が悪くなったり、前歯でものを噛み切ることが難しくなります。舌の癖や指をしゃぶる癖が原因で起こることがあります。

叢生(そうせい)
叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態のことをいいます。この状態は歯磨きのときにブラシがしっかりと届きにくく歯垢が残りやすいため、虫歯や歯槽膿漏の原因になります。

過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯を覆ってしまうほど深く噛んでいる状態をいいます。下の歯が上の歯茎を刺激することで口内炎ができたり、前歯が乾くことで虫歯の原因にもなります。

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)
上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上顎・下顎ともに前に突き出ていいる状態をいいます。

交叉咬合(こうさこうごう)
交叉咬合(こうさこうごう)

上下の噛み合わせが横にずれている状態をいいます。左右の顎に成長の差が出ることにより顔が歪んでしまう場合があります。

空隙歯列(くうげきしれつ)
空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間ができている状態です。これは顎の骨の大きさに対して歯が小さく生えてしまうことが原因です。隙間があると食べ物が詰まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になります。また隙間から息漏れが生じるのでサ行・タ行・ラ行の発音が悪くなります。

矯正装置の種類

顎矯正

当院オリジナルクリアタイプのマウスピース

透明なマウスピースタイプの矯正装置です。
ブラケットやワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。マウスピースを2週間〜1ヶ月ごとに新しいものに付け替えていくことで歯並びを改善していきます。

当院のオリジナルマウスピース矯正のメリット

1.透明で目立たない

透明なマウスピース型の装置なので、笑ったときに着けていることがわかりません。 従来のワイヤー型の矯正装置のように笑ったときに装置が見えたり、食事のときに食べかすが装置に詰まるといった、マイナスなイメージがないため、見た目を気にすることなく、歯並びを整えることができます。

2.マウスピースの材質を選択

様々な厚さ、硬さの素材から、違和感を感じにくい材質を選んで作成します。お口の中の感受性は人によって大きく異なります。
薄いマウスピースは違和感が少ない分、力が弱いデメリットがあり、厚い材質では早く歯を動かすことができますが、違和感も多少大きくなります。
それぞれの方の感受性に合わせてマウスピースの材質を選択していきます。

3.時間を短縮

院内で製作するため、顎矯正で歯の形に変更があった後も、迅速に新しい形に合わせたマウスピースを作ることができるため、時間のロスを少なくすることができます。

4.自由に取り外し可能

従来のワイヤー型の矯正装置と違い、自由に取り外しが可能なので、食事中の煩わしさがありません。また、ご自身でお掃除も可能なので衛生環境を保つことができます。

5.金属アレルギーの心配がない

マウスピースは薄いプラスチックで作られているので、これまで金属アレルギーで矯正ができなかった方々にもおすすめです。

6.同時にできる

ホワイトニング中の人でも、一緒に矯正を行うことができます。

7.透明なので目立たない

他のマウスピース矯正のシステムで必要とされる、歯の表面に接着するフックが必要ないため、マウスピースを外した際には、矯正をしていることが全くわかりません。
口元をアップで撮影されなければならないようなお仕事の方で、従来のマウスピース矯正のフックがネックだったから治療をためらっていた方も受けていただけます。

8.安心して矯正

当院オリジナルマウスピースは、部分入れ歯をお使いの方や、インプラントを装着している方でも、矯正を行うことができます。

9.セラミックの表面を傷つけない

すでに高価な自由診療の被せ物などが入っている方は、ブラケットや、フックなどを歯に接着する必要がないため、セラミックの表面を傷つけず矯正することができます。

 
pagetop